2008年04月10日

山の麓

  登山道

なぎの宝物紹介からはちょっとずれているかもしれませんが、宝箱に入れて欲しいと思う場所を紹介させてくださいね(^^)

神奈川県では、里山の整備に力を入れているようで、我が家の裏山も森林のお手入れを請け負ってくれるとのこと。
とは言え、実際にどんなことが行われているのか見えてこなかったのですが、アッキーと一緒に職場の裏山へ登ると、 こんなすばらしい光景を目にすることが出来ました(^^)

 振り向くと  有効利用!!

ちょっとわかり辛いでしょうか(^^;

込み入っていた木を間引いて伐採し、地面にまで光が差し込むようになりました。
さらにその伐採した木を利用して、登山道にベンチを作ったり枕木にしたりと有効利用されているんです!!

                                       頂上

これならねぇ、残った木だけじゃなく、切られた木も嬉しいですよね♪

地球温暖化対策で、木々の伐採が問題になっていますが、込み合った林をそのままほうっておくことは、荒れてしまうだけですから、 必要に応じて伐ることはとっても大切なことですものね!!

なぁんて、すがすがしい気持ちでお昼休みを満喫し、下山していると、 スケッチをとったり説明を受けたりしている登山者の集団が登ってきました。

元気にご挨拶を交わし、通り過ぎると・・・

  これから登る人   ←わかりますか??

遠慮気味に小さく撮影させていただいたのですが、一番後ろのおじさんが持っているスーパーの袋。
根付きの植物が入っているんです。

こうして山を整備し、
「とっていいのは写真だけ。置いていいのは思い出だけ。」
そんな感じの看板まで立っているというのに、こうした心もとない人間が耐えないのはなぜなのでしょうね。

それも、こよなく登山を愛しているように見える人だというのに・・・。
今まで当たり前のようにここで見れていた姿が、来年は見れなくなってしまうと言う寂しさに気づかないのでしょうか。 

 入り口

自分だけ毎年見えれば、それでいいのかなぁ・・・。

皆が見る場所にあるのは、皆が見るものなのにね。
なぎにだってわかるのに、わからない人が多いのはどうしてなのかなぁ・・・。

 すみれ  ポット

群生しているスミレの反対側に落ちているポットさん↑↑

はぁ〜〜、とため息をついてしまいます(;。;)

         どんぐりの芽

どんぐりの新芽が育つこの山を、県や国が整備する前に、訪れる人 一人一人が大切に思ってくれないと意味がないですよねぇ。          

山の麓の我が家から、山を越えてたどり着いた山の麓にある私の職場。

年々、山の面積が少なくなり住宅街が広がっていく気がします。

           桜が咲く前でした     桐  

これらの写真は、アッキーが辞める前に、お散歩しながら撮ったものです。
辞めて以降、歩いていないんですよねぇ・・・。

なぁんてわかったら、アッキーに怒られちゃうかな(^^;
歩くよ、歩きますよ〜〜、もう少し気持ちに整理がついたらね!!

この美しい自然たちに囲まれて、働けるこの環境。
なかなか捨てたものじゃないでしょ(^^)

ススキヶ原  

なぎはどんな環境で働くのでしょうね。
都会のオフィス街で働くのかな。それとももっと自然に囲まれた世界でしょうか。

でも帰ってくるのは、この丹沢山麓!!だよね(^^)

なぎが帰ってくるこの場所が、いつまでも自然に囲まれて癒される場所であるために、大事に大事にしていきたいと思います。

 

posted by なぎママ at 11:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。