2009年09月18日

赤ちゃん言葉

 セミの抜け殻

ただただ泣くことしかできなかった赤ちゃんが、軟語を話すようになり、親の真似をして言葉を発し、問いかけに対して返事が返って来るようになり、立派な会話が成り立つようになる。

5歳にもなると、今日の出来事、楽しかったことを思い出してみたり、今考えている事、お気に入りのものについて話してみたり、後から後から出てくるので、とっても楽しいです。
言葉だってもちろん、はっきりしゃべれるようになり、成長を感じ嬉しい反面ちょっと寂しさを感じたので、ここに書き残しておこうと思ったわけです(^^)

だってね〜、ちょっと前まで、

「お薬(オクスリ)」は、「オスクリ」。
「テレビ」は、「テベビ」。
野球チームの「巨人↓」の発音は、大男の「巨人↑」でした。

「なぎたん、どう??」との問いかけに「どう!!」と返ってきて、
「なぎたん、つまらない??」の返事は、「つまるよ。」だったんですよ〜。

もちろん、もっと小さい頃は、もっと色々面白い可愛らしい言葉がいくつもあったのですが、思い出せないので、やっぱり書いておくことは大事ですよね(^^;

  セミ

いずれにしても、最近、なぎとの会話が、たまらなく楽しくって、楽しくって♪♪

昨日もお話しながら旅行の準備をしているのを見て、パパが、

「なんだか二人して楽しそうだね〜。」

だって(^^) うん、楽しいよ〜。だって、久しぶりの旅行、とっても楽しみだもんね。朝晩の気候の差が激しいから、どんな服を持っていこうか悩んでいれば、

「両方持っていこう。」

とアドバイスしてくれるほどのしっかり君だもん(^^) 他にも色々考えながら、おもちゃ屋お菓子の準備もしたんだよね〜♪

旅行が楽しみ。
楽しそうななぎを見ているのが楽しい(^^)
そんな私となぎを見て、楽しそうに見ているパパを見ているのが、楽しい(^^)

楽しいをいっぱい詰め込んだトランクを持って、19日から23日までのシルバーウィークをたっぷり使って、4泊5日、鹿児島・熊本旅行へいってきま〜〜す!!

posted by なぎママ at 17:40| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。