2009年04月14日

悠真君と恐竜ごっこ

昨日に続いて、新宿御苑からで〜す。

プラタナス並木へ

私は、たくさんの木々に覆われた新宿御苑の中で、突然広がる青空とプラタナスが並ぶこのスペースが大好き♪♪
木の姿も、踊っているような、話しかけているような、守られているような、そんな気がして、ついつい撮影枚数が増えちゃう場所!!

だからどうしてもここに向かいたくて、宝物探しに夢中のなぎに「前にバァのお土産を拾ったところへ行ってみようよぉ。」 と声をかけると、ようやく動き出してくれたものの、ここまでの道のりはとっても遠かったですよ〜(^^;

道順通りに進んでくれるわけがなく、あっちに寄りこっちに寄り、宝物を探し、さらには恐竜に大変身!!

砂利遊び 怪獣ごっこ

ようやくたどり着いたものの、プラタナス並木入り口のど真ん中で、人の邪魔になろうが、 撮影の邪魔になろうがお構いなしで遊びだしました(^^;

砂利を抱え込んで埋もれてみたり、ティラノサウルスになって悠真君をまたいでみたり↑↑

もちろん悠真君も一緒になって、砂利遊びをしたり、恐竜遊びをしたり、一緒一緒!!
楽しいね〜♪♪

面白いこぶ どんぐり拾い

その後も、面白い形の木のこぶを発見すれば、2人そろってタッチ!!

どんぐりやまつぼっくりを見つければ、2人そろって宝探し再開!!

お手手にいっぱいどんぐりを集めたなぎが、

「かぁ〜、お砂糖を入れて煮てね〜。」

だって!! お気に入りの絵本「ぐりとぐら」の中で、2匹の野ねずみが、どんぐりを煮ているため、真似せずにはいられないんだよね (^^)

あの橋渡る〜

大木戸休憩所までやってくると、とっても魅力的な橋を発見したなぎ↑↑

チョッと前まで、腰を落さなくちゃ歩けなかったくせに〜、悠真君の前だもん、かっこいいお兄ちゃんに大変身だよね(^^)
スタスタと一人で歩いて行っちゃいました。

そうなればもちろん悠真君も後を追うことに〜、でもまだ離れた場所でそんな姿を撮影するにはチョッと危険なので、 側で見守っていたのですが、恐がることなくしっかり歩けていました。
なぎより上手ですねぇ〜(^^;

一足先に橋を渡り終えたなぎは、階段を上ったところで、寝転がっていたので、「どうしたの??」と聞くと、

「トリケラトプスに突進されたんだよ。」ですって(^^;

自分が変身するだけでなく、まわりもみんな恐竜の世界なんだよね〜!!

怪獣2匹!?

悠真君もすっかり恐竜に変身!!

「がぉ〜。」「がぉ〜。」と大きな恐竜の真似を迫力満点に演じてくれているのですが、
見ているほうは、可愛くって可愛くって、笑顔がたえませんよぉ〜。

芝吹雪

チョッとお兄さん気取りのなぎ。自分より小さい悠真君は、力加減をしながらも、ちょっかいを出さずにはいられない、 可愛い可愛い存在だったんだよね〜。

私がたいして止めないから、砂まみれにされたり、芝生をかけられたり・・・、
ゆうママさん、後で大変じゃなかったかな〜。

悠真君が泣き出したりしないから、ちょっと離れてしばらく見守らせてもらっちゃいました。

桜のトンネル 悠真君も

子供同士の子供の世界には、なるべく手や口を出さずに、遊ばせてあげたいと思っているもので、 なぁんにも叱らないお母さんに見えちゃったかな〜。

「大丈夫大丈夫」と声をかけてくれるゆうママさんのお言葉にすっかり甘えすぎかしら・・・。

子供同士を仲良く遊ばせてあげるためには、親同士が気を使いすぎると、難しくなってきますよね。
保育園の同級生ママには、派手に喧嘩しても「お互い様」「仲が良いからこそだよね」のかけ声とともにニッコリ笑顔で終わるけど、 気を使う相手だとそうは行きません。

しかしゆうママさんは、会った回数が少ないというのに、とっても居心地が良くって、 ずっと昔から仲の良いお友達のように図々しく振舞ってしまっているんですよねぇ・・・。

そんな態度に、気分を悪くしてないかな〜(^^;

                   よ〜いドン

とっても穏やかなゆうママさん、優しさたっぷりのブドリさんと子供を見守りながらのおしゃべりがとっても楽しくって、 すっかりリフレッシュできました。

なぎは、どこまでもどこまでも追いかけてきてくれる悠真君が、可愛くって可愛くって忘れられないみたい。
今朝も悠真君が喜んでくれたぜんまいざむらいの下着を見ながら、悠真君が「ぜんぜん」って言ってたね〜。 なぁんて言いながら嬉しそうな顔を浮かべてました。

だから、「楽しかったね。また会いたいね〜、また遊びたいね。」は、日曜日から私となぎの合言葉。

ブドリさん、ゆうママさん、悠真君、こ〜んな親子ですが、どうぞこれからもお付き合いよろしくお願いしま〜す!!

 

posted by なぎママ at 17:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぎママさん、なぎ君が悠真にしてたことぐらいどうってことないですよ。
悠真はいつも自分の天下だから、遊ぶ中で思い通りにならないことや痛い思いをすることを学ぶのも大事だし、男の子同士ですから、遊び方も激しくなってぶつかったり、転んだりして、大きな怪我さえしなきゃ泣くことがあっても構わないと思ってましたから、泣かなかったのには逆に拍子抜け。ゆうママも同じだと思いますよ、多分(^^;)

ゆうママたちや私ではなぎ君のような構い方は出来ませんし、砂をかけられても、芝をかけられても、なぎ君が優しく遊んでくれたことが、嬉しくて楽しくて泣くなんてことなんて悠真の頭の片隅にもなかったと思いますよ。
月曜日は朝から「ガオー」って恐竜遊びを始めたというので、楽しかったことをしっかりと覚えているのが何よりです。
私にとってもあんなになぎ君を追いかけて遊ぶなんて思ってもいなかったのでビックリしでしたし、最高に嬉しかったですよ。

なぎ君は悠真が「ぜんぜん」と言っていたことまで覚えていてくれてるんですね。とても嬉しいです(^^)
悠真もまた遊びたいと思ってるはずですよ。
これからも仲良く遊んで下さいね。
Posted by ブドリ at 2009年04月15日 00:08
恐竜ごっこ面白そう♪
チビタマも仲間に入れてもらいたわぁ。
元気いっぱいに遊ぶ2人の姿がまぶしい〜!!
桜の花見どころじゃないですね〜
なぎママさんも、ブドリさんも、悠ママさんも
お子ちゃまに釘付けだったに違いない!!
Posted by タマ at 2009年04月16日 11:03
ブドリ様

良かった良かった、ありがとうございます(^^)

もう言い聞かせればわかる年頃だし、親の顔色をよく見てますからね〜。
どこまでなら許されて、どこまでやると怒られるのかをはかられているんですよぉ。

この駆け引きが難しくて、悩みどころなのですが、なるべく「ダメ」と言う言葉で責めたり、済ませたりしないようにしたいと思っています。
とは言え、なかなか思い通りには行かないですけどね(^^;

なので、一緒に温かく見守っていただけて嬉しいです。
どうぞ、今後ともよろしくお願いします(^^)




Posted by なぎママ at 2009年04月16日 12:31
タマ様

はい、その通り〜〜!!
大人3人そろって、キラキラ輝く子供たちに釘付けでした〜(^^)

タマさんも、是非是非お仲間に!!
来年はまだ早いから再来年かな〜〜。
チビタマさんとタマさんもご一緒にいかがですか〜!?
なぁんてブドリさんの断りなく誘っちゃうけど、大丈夫よねぇ〜(^^)

Posted by なぎママ at 2009年04月16日 12:40
釘付けでしたね〜
よく見たら桜メインの写真がなくて、なぎ君と悠真の写真ばっかりでしたよ(^^;)
タマさんもお仲間にどうぞ〜
Posted by ブドリ at 2009年04月17日 08:11
ブドリ様

良かった良かった(^^)
皆でお花見、楽しそう♪♪
チビタマちゃんが加わって、大人視線の先は、ますます子供に釘付けでしょうね〜!!

私も今回、見直したらほとんど桜の写真がなくて、あれれ・・・、と言う感じでした(^^;
Posted by なぎママ at 2009年04月17日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。